ボルボ s60 評判 7


ボルボ s60のレビュー、口コミなら「みんカラ」。クルマ大好きみんカラユーザーならではの詳細なレビューで、あなたの気になる車の情報がきっと見つかります。ボルボ s60のレビュー、口コミは日本最大級のクルマ情報サイト「みんカラ」 ボルボ S60 T5 Inscription 実車の3サイズは全長4760mm×全幅1850mm×全高1435mmで、先代より125mm長く、15mm幅が抑えられ、45mm低い。 S60 MOTAトップ クルマが与えてくれる普遍的な魅力や歓びは、昨今主流のSUVよりもセダンの方に一日の長がある。実際に快適性や走行性を売りにするブランドは、セダンへの投資を緩めることはない。今回の3台も各々の個性を放ちながら、根源的なクルマの楽しさを示してくれた。, ミドルクラスのセダンが“クルマの基本”だと言われた時代が去って久しい。けれどもそれはユーザー嗜好の変化とクルマ造りの進化によるもので、物理=ダイナミックパフォーマンスでのみクルマを語るのであれば、未だセダンはクルマの基本であるように思う。, VOLVO S60 T5 INSCRIPTION/奇をてらわない美しさこそスカンジナビアセダンの美点だ, その証拠にドライビングパフォーマンスを重要視する欧州市場のメジャーブランドは、SUVが花盛りという現代においてなお、良質なセダンやエステートを造り続けている。マーケティングの影響を絶えず受け続けた結果、クルマ造りの軸が揺れる日米メーカーとのスタンスの違いは明らかだ。 初代の日本導入は2001年、2代目(先代)は2011年。こうして見てもわかるとおり、比較的長いスパンでフルチェンジを果たしてきた『S60』が、3世代目に進化した。今回は9年余での一新、60シリーズとしては『V60(クロスカントリー含む)』、『XC60』に次いでの登場だ。, ボルボの目下のラインアップの大半がワゴンないしはSUV。セダンでいうと、現行『V90』導入時に『S90』も投入されたが、これは500台の特別限定車の扱いだった。なので久々の新型セダンということで、待っていたユーザーも少なくないと思うが、期待に違わぬ仕上がりぶり……というのが第一印象だ。, ボルボ S60 T5 Inscription実車の3サイズは全長4760mm×全幅1850mm×全高1435mmで、先代より125mm長く、15mm幅が抑えられ、45mm低い。ホイールベースは『V60』と共通の2870mmで先代に対し100mm伸ばされた。スタイリングは“安定の最新ボルボ・ルック”といったところで、強いウェッジシェイプだった先代に対し、水平基調に近づけつつ、クーペ的な流麗なルーフラインを組み合わせ、全体は眺めていて心地いいスリークな味わいにまとめられている。, 『V90』がCピラー側にリヤクォーターウインドを設けていたのに対し、こちらは“窓”はドアガラスにひと括りのデザインとしているのが違い。リヤフェンダーの後方に勢いを持たせて走るキャラクターラインは、往年の『1800E』のテールフィンをイメージしているのだそう。, ボルボ S60 T5 Inscriptionインテリアも、もちろん最新のボルボ・クオリティが味わえる。試乗車は「T5 Inscription」で、フュージョンレッドメタリックのボディ色に対して組み合わせられるインテリア色はチャコールとなる。従って明るめのブロンド、シックなチャコールに対し、写真のとおりスポーティな雰囲気が感じられるものだったが、パーフォレーテッドファインナッパレザーを表皮に用いたシートの風合い自体は『V60』でもお馴染みのもの。, スッと身体が吸い付くような優しくもシッカリした着座感が得られる。他方で後席も、リラックスした姿勢が保て、長距離ドライブも快適に過ごせそうな居心地。頭上の空間もしっかりと確保され、尻上がりのウエストラインによるサイドウインドも閉所感は薄く、適度に包まれ感のある落ち着いた雰囲気を作り出している。, トランクスペースも、ワゴンボディではないが言い訳のいらない、ボルボらしい実用的な広さになっている点も好ましい。ボルボ S60 T5 Inscription, 254ps/35.7kgmのスペックをもつ4気筒の2リットルターボと8速ATの組み合わせによる走りは、まったくストレスがない。走らせた印象はとにかく何もかもスムースで、乗り味もプレミアムセダンに相応しいフラットさを出している。, 車重は1680kg(サンルーフ付き)で、同仕様の『V60』より40kg軽く、このため、シットリとした感触と素直なレスポンスのステアリングと併せて、よりコンパクトなセダンを運転しているような軽快なハンドリングに仕上がっているのもいい。, 614万円(税別であれば558万1818円)の価格設定は、愛着をもって長く乗るには納得のいくところだろう。, ■5つ星評価パッケージング:★★★★★インテリア/居住性:★★★★★パワーソース:★★★★★フットワーク:★★★★★オススメ度:★★★★★, 島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。, ボルボ V40 最終モデル「クラシック」で長距離試乗…シンプルで素直な“味”は色褪せない, 【ベントレー フライングスパー 新型試乗】「コンチネンタルGTの4ドア版」からの脱却…大谷達也, ボルボ、60シリーズ3車種に「ポールスターエンジニアード」…台数限定で予約受付開始, ボルボの名車『P1800』、420馬力ターボ搭載で復刻生産へ…エンジンや内装の写真, メルセデスAMG GT、ニュルで最速のラグジュアリー車に…ポルシェ パナメーラ の記録更新[動画], 【メルセデスベンツ Eクラス 新型試乗】古い世代のユーザーと決別する1.5Lエンジン…中村孝仁, わずか10mm、されど10mmの余裕!既存オーナーも必見、トヨタ RAV4の「オフロードパッケージ」を試す, 【ホンダ オデッセイ 改良新型】強さはあるがオラオラ系にはしない…デザイナー[インタビュー]. 試乗記、XC40の時はT5の印象があまり良くなかったので、今回もどうかなぁ。(^_^; (参考)   ↓ ボルボS60 D4 R-Design:5,290,000円(税込み価格) 超・お買い得なS60・V60特別仕様車、第二弾「T4 R-DESIGN PLUS」が登場ボルボの60シリーズ「S60」「V60」に2タイプの.... ボルボ V60・S60「Luxury Edition」[特別仕様車] 試乗レポート/渡辺陽一郎.  たとえ客が群がっていようが遠慮せず外観をチェックして、運転席や後席にも乗り込んで内装をチェックするぜ!」, 「新型S60のデビューフェアの案内が届いたので来ました。 【新車価格】 ボルボ S60の過去のグレードは、現行グレードにくらべて排気量自体が大きいのですが、燃費についてだけ考えるならかなりの差があるのは事実。中古車で探す場合、古めのグレードは価格は安くなりやすいですが、もし対象とするのであればこの点は覚悟しておいた方が無難でしょう。, どの車種にも言えることですが、他のユーザーによる評判は非常に参考になります。 エンジンは、152ps/5000rpmの最高出力と、25.5kgf・m/1700-4000rpmの最大トルクを発揮。, 1.5Lのツインカムターボで前輪を駆動(FF)。このエンジンはボルボの中でもっとも小さいパワーユニットですが、ツインターボによって低速から高速域まで過給され必要十分のパワーを発揮します。ダウンサイジングターボというよりも、大排気量自然吸気エンジンに近い穏やかなエンジンフィールです。, 前輪にマクファーソン・ストラット式サスペンション、後輪にはマルチリンク式サスペンションが装備されます。, しっとりとしたしなやかさを伴う快適な乗り味。目地段差では多少のバタつき感は出るものの、不快な印象はありません。, 穏やかな操舵フィール。ドライバーの意志に素直に反応して、気持ちよくノーズを動かします。, 最小回転半径は5.8mと、このクラスにしては大きめ。狭い路地での切り返しには苦労します。, 先進安全技術は「追突回避・被害軽減ブレーキ(歩行者および自転車の検知)」「全車速追従機能付きアダプティブ・クルーズ・コントロール」「ブラインドスポット・インフォメーション(斜め後ろ死角にいる車を検知)」「リアビューカメラ」「フルアクティブ・ハイビーム(対向車へのハイビームを遮光)」などを装備。, 登場から10年が経過して、シャシーは熟成の域に達しています。最新型ダウンサイジングターボよる余裕のある走りと相まって、プレミアムセダンにふさわしい上質な走りを形づくっていいます。, 少々外観の印象は地味ですが、内装には北欧テイストあふれる独特のデザインがほどこされます。座り心地の良いシートと相まって、居心地の良さは格別。, 「上質なMクラスセダンを探しているが日本車では物足りない、かといってドイツ車はちょっと気が引ける」なんて人にピッタリな一台です。, 2017年式「ボルボ S60 T3 クラシック」で360万円前後。2016年式「ボルボ S60 T3 SE」で200万円台後半となります(2018年1月現在)。年式の新しい極上車でも値落ちが激しい印象です。, ブログは暇つぶし&リハビリ。週2で短時間のアルバイトをしていますが、普通の人のように毎日フルタイムで働くことはできません。, ブログの内容はあくまで秋ろーの個人的見解です。実際に車や商品、サービスを購入する際は、自分で試乗や調査をして確かめることをオススメします。, 修正ばっかりしてると新記事の投稿ができないんで、新記事3に対して修正1くらいの割合でやってます(2019年6月〜). の中でご紹介した通り、私は腕時計が好きで、現在9本の腕... フルローンで購入した私の現在の愛車、インプレッサ G4。 ロングノーズ、短めのフロントオーバーハング、前輪からフロントドアまでの長い距離、あまりのプロポーションの良さに最初「あれっ?このクルマってFRだっけ?」と駆動方式を確認してきた位ですから(笑)

Utau Frq 作成されない 5, 福岡第一 小川 進路 4, 鳥 朝 鳴く理由 9, 株 選び方 短期 5, エクセル 日付 抽出 別シート 5, Ps4 コントローラー 生産終了 7, 危険物甲種 転職 有利 4, 技術士 2ch 53 5, 自己紹介 3分 新入社員 5, エクセル 方眼紙 殺す 4, プロスピ2015 大谷 顔コード 21, Ogk Leff キノコ 4, Fc東京 ジュニアユースセレクション 2020 14, ぷよぷよ アミティ 身長 8, 草むしり 手袋 100 均 6, 京セラ ガラホ Kyf37 5, Txt サイン会 ボーダー 33, ハイゼットカーゴ 配線 引き込み 27, 目の下 脂肪注入 しこり 5, モンハン お守り 乱数 調整 8, レジ袋有料化 薬局 罰則 26, Jr東海 ボーナス 2020 9, Application Android Requestlegacyexternalstorage 5, 消防設備士 特類 参考書 4, My Hair Is Bad 悪い癖 Itunes 4,

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *