youtube 埋め込み 自動再生されない 11


YouTubeには自動再生機能が存在します。今回はそんなYouTubeの自動再生のオフ/オンの変え方について解説していいきたいと思います。自動再生されない・できない時の対処法も記載しますので、自動再生されないとお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。, YouTubeとは、世界最大の動画共有サービスです。YouTubeは基本無料で利用可能で、登録せずとも多くの動画を見ることができます。 PCにおけるYouTubeの自動再生のオフ/オンの切り替え方法は、ここを一回クリックするだけですので再生や停止を指定する分にはユーザビリティ的にもとても簡単で使いやすいですね。, ちなみに、PCの場合は動画の画面内に表示されている歯車からでもYouTubeの自動再生のオフ/オンの切り替えが可能となっています。 これらのメリットによりYouTubeでの利用頻度はますます高まり、今後もたくさんの動画が世に溢れていくでしょう。様々な人達が自由に動画を投稿できる、自由に視聴できるというのはとても素晴らしいと思います。, YouTubeのデメリットとしましては、広告が多いことや突然の仕様変更などでしょう。YouTubeでは自動再生するたびに広告が表示されます。広告を目的として自動再生機能がついたのかもしれませんが、利用者としては少し邪魔ですよね。 YouTubeにて自動再生されないよう指定したい場合はオフへ、連続再生させたいならオンに設定しましょう。なお、YouTubeの再生リストはそのまま画面をスクロールすれば表示されますので、自由に確認できるかと思います。, 当然ですが、スマホの場合でもYouTubeの自動再生のオフ/オンの切り替えができない場合ケースは存在します。スマホの場合、連続での再生ができない・止まるといったケースとして代表的な確認方法は、アプリのアップデートを確認することになります。 表示された画面の「埋め込む」をクリックします。 当然ですがYouTubeのシステム上の問題が発生する可能性もありますので、少し時間をおいてまたYouTubeを開いてみてはいかがでしょうか。時間をおいてもダメならYouTubeに問い合わせてみるのも良いでしょう。 YouTubeの動画をWebサイトやブログに埋め込むとき、取得した埋め込みコード内に「パラメータ」を追加することで、動画に対するさまざまな設定が行えます。手動での埋め込みコードのカスタマイズについて見ていきましょう。, 前回の記事では動画の埋め込みについて解説しましたが、動画の埋め込みコードの中には、表示サイズや再生方法などの設定を表す「パラメータ」という文字列が含まれています。, パラメータは動画を識別するための「動画ID」の後ろに記載されており、「?」から始まります。また、複数のパラメータは「&」で区切られています。パラメータとなる文字列はあらかじめ決められており、そのとおりに入力することで、埋め込んだ動画に対するさまざまな設定が可能です。, この埋め込みコードの中にある、青い文字の部分が動画ID、赤い文字の部分がパラメータです。この埋め込みコードには「rel=0」(関連動画を表示しない)と「controls=0」(プレーヤーのコントロールを表示しない)という、2つのパラメータが入力されています。これらはいずれも、前回解説した設定を行うことで自動的に入力されるものです。, 埋め込み時の設定を特にしていないコードでは、以下のように赤い文字の部分(パラメータ)がありません。, この場合でも、青い文字の部分(動画ID)に続けて「?rel=0&controls=0」と手動で追加すれば、前述のコードと同じ働きをします。, このように、埋め込みコードに手動でパラメータを入力することで、通常の方法ではできない設定を適用することも可能です。パラメータの最初には「?」を付け、複数のパラメータは「&」で区切る、という基本さえ覚えておけば、特に難しいことはありません。主なパラメータを次に挙げるので、Webサイトやブログに動画を表示するときに活用してみましょう。, 動画を埋め込んだWebページを表示したとき、再生ボタンを押さなくても動画が再生されるようにするには、パラメータとして「autoplay=1」を入力します。, 動画の見どころから再生されるように開始位置を指定するには、「start=開始位置」と入力します。開始位置は秒数で指定し、例えば1分45秒時点なら「&start=105」となります。, 再生の終了位置を指定するには、開始位置と同じ要領で「end=終了位置」と入力しましょう。開始位置と組み合わせることも可能です。, 字幕が設定されている動画は、パラメータとして「cc_load_policy=1」と入力することで、字幕を表示した状態で再生できます。, 埋め込むページの都合上、全画面再生をさせないようにしたい場合は、「fs=0」というパラメータを追加します。コントロール右下の[全画面]ボタンが非表示になります。, ほかにもさまざまなパラメータがあります。詳しくはYouTubeの公式ヘルプにあるページを参照してください。, 1984年生まれ。編集者/Webディレクターとして、IT系媒体を経て音楽系Webメディアの立ち上げからコンテンツ企画・運営全般に携わる。. Copyright ©document.write(new Date().getFullYear()); Impress Corporation. YouTubeのメリットから考えると、デメリットはそこまで気にならないというのが現状でしょうか。, さて、いかがだったでしょうか。今回はYouTubeにおける自動再生のオンオフの切り替えについて解説してみました。また、上手く自動再生されない・止まる・停止してしまう場合の対処法についても触れていましたね。 All rights reserved. 設定としては連続再生可能な動画をリスト化していくだけですので、そこまで困ることはないかと思います。, YouTubeの自動再生されないケースとして他に考えられるのが、アプリやブラウザの変更とアップデート・再起動しないといけないケースです。, アプリやブラウザの変更とアップデート・再起動しないとYouTubeの自動再生されない場合の対処法は、単純にアプリやブラウザの変更とアップデート・再起動すれば良いだけです。 また、動画の検索も簡単に行えますし、世界中に溢れる動画を見ることができます。動画の投稿に対しても制限はなく、とても利用しやすいです。さらに、自動再生機能は自分の視聴した動画の統計から自分に合った動画を自動的に選択してくれます。 ブラウザを変更するのも一つの手段といえるでしょう。また、再生リストの中に削除された動画や非公開の動画が存在している場合、自動再生は止まるシステムになっているようです。 アップロードした動画はツイッターの動画自動再生をONにしている人であれば、 表示しただけで自動で再生される 状態になります。 と、ここまで説明してきましたが、実際のところ YouTubeでは他人のコンテンツをダウンロードすることは基本的に禁止 されています。 自動再生はYouTubeではユーザービリティを考慮した素晴らしいシステムです。ネット環境の悪さゆえにYouTubeの動画が上手く自動再生されない・止まる・停止してしまうといったケースが起きてしまうことはありますが、視聴側としても対処方法は複数存在します。 YouTube側が他のおすすめ動画を自動で選別し、一定時間後に他の動画を流す仕組みが自動再生と呼ばれています。つまり、YouTubeにおける自動再生では、見たい動画は再生されないのです。YouTubeのこの機能は最初、連続して再生される設定になっています。 歯車をクリックし、『自動再生』という項目のオンオフを調整してみてください。さきほどの設定と同じように、動画の自動再生が始まる・止まるを切り替えることが可能なはずです。どちらかお好きな方法で設定を指定してみてくださいね。, ちなみに、YouTubeの自動再生のオフ/オンの切り替えができない場合もありますので、その対処法も記載していきたいと思います。 11-1. PCにおけるYouTubeの自動再生のオフ/オンの切り替えは、ここの項目のオンオフを切り替えることで可能となります。オフにすれば自動再生は停止として設定され、オンにすれば連続再生されることになります。 他のアプリで負担をかけている場合、YouTubeアプリに影響を与えて動画が止まるケースもあるかもしれません。連続再生できない場合や動画自体開けない・動画が止まるといった場合はこれらをチェックしてみてください。 アップロード側の調整によって起きる問題ですので、視聴者側として視聴できる動画を選択していきましょう。 スマホアプリは更新頻度が高い為、更新をしないままでいるとエラーを起こす可能性があるのです。YouTubeの起動自体停止してしまう可能性があるということですね。 仕様の変更も現代の問題としては珍しくないかもしれません。むしろ頻繁なアップデートは日々YouTube側がユーザービリティを考慮してより良いシステムを開発している結果といえるでしょう。 以上が「Youtube埋め込み動画を自動再生・消音・ループ再生する方法」でした。 最後にこの方法で上手くいかない場合は恐らく動画の読み込みを後回しにしている、lazy load系のプラグインや処理が邪魔しているのだと思います。 YouTubeの動画をWebサイトやブログに埋め込むとき、取得した埋め込みコード内に「パラメータ」を追加することで、動画に対するさまざまな設定が行えます。手動での埋め込みコードのカスタマイズについて見ていきましょう。 自動再生 & 関連動画非表示. 使い方(4665) ... セキュリティ関連によりYouTubeの自動再生されない場合、フリーのセキュリティソフトが影響しているかもしれません。 セキュリティソフトを変えたことでYouTubeの動画が連続再生されなくなってしまったのでしたら、セキュリティソフトの影響は一度見直 … 文字だけでは伝えられない情報や、どうしてもみんなにも見てもらいたい映像があったらツイートに乗せて共有したくなってしまうものです。 >埋め込み動画の場合でもYoutube再生回数にカウントされるか否か カウントされるのが当たり前すぎて、明確な記載はあまり見当たらないかもしれませんね。 アナリティクスの再生場所レポートでは、他サイトに埋め込まれた動画の再生数が確認できます。 下の