spring security リクエスト url 5


https://github.com/purin-it/java/tree/master/spring-boot-security-request-token/demo, 「サンプルプログラムの作成」に記載したプログラムのうち、HTMLファイルのみを変更した場合の実行結果は以下の通りで、ログイン後はリクエストトークンの値が同じ値になっている。, 1) Spring Bootアプリケーションを起動し、「http://(サーバー名):(ポート番号)/」とアクセスすると、以下のログイン画面が表示されるので、ユーザー名・パスワードを入力し「ログイン」ボタンを押下, 2) ログインすると、CSRFトークンの値が変わっていることが確認できる。この状態で「検索」ボタンを押下, 3) 一覧画面が表示され、CSRFトークンの値が変わっていないことが確認できる。この状態で「データ追加」ボタンを押下, また、「サンプルプログラムの作成」に記載したプログラムを全て変更した場合の実行結果は以下の通りで、ログイン後も、リクエスト毎に違うCSRFトークンが表示されるようになっている。, 5) Spring MVCアプリケーションを起動し、「http://(サーバー名):(ポート番号)/」とアクセスすると、以下のログイン画面が表示されるので、ユーザー名・パスワードを入力し「ログイン」ボタンを押下, 6) ログインすると、CSRFトークンの値が変わっていることが確認できる。この状態で「検索」ボタンを押下, 7) 一覧画面が表示され、CSRFトークンの値が変わっていることが確認できる。この状態で「データ追加」ボタンを押下, 8) 入力画面が表示され、さらにCSRFトークンの値が変わっていることが確認できる, なお、今回のサンプルプログラムは、複数のウィンドウを開く場合に対応できていない。複数のウィンドウを開く場合に対応するプログラムについては、以下の記事を参照のこと。, Spring Boot上でSpring Securityで認証時にDB上のユーザーを利用してみた. [providerId].userNameAttribute, providerDetails.userInfoEndpoint.userNameAttributeName, ClientRegistrationRepository は、OAuth 2.0/OpenID Connect 1.0 ClientRegistration(s)のリポジトリとして機能します。, クライアント登録情報は最終的に保存され、関連する認可サーバーによって所有されます。このリポジトリは、認可サーバーに保存されているプライマリクライアント登録情報のサブセットを取得する機能を提供します。, Spring Boot 2.0 自動構成は、spring.security.oauth2.client.registration. * Spring Securityで使用するログイン時に取得するユーザ情報サービスクラス. HttpServletRequest#getRemoteUser(): Oracle (英語), HttpServletRequest.html#getUserPrincipal(): Oracle (英語), HttpServletRequest.html#isUserInRole(java.lang.String): Oracle (英語), HttpServletRequest.html#login(java.lang.String, java.lang.String): Oracle (英語), HttpServletRequest.html#logout(): Oracle (英語), Spring の WebApplicationInitializer サポート (英語), セクション 5.1.2: “Spring が存在しない AbstractSecurityWebApplicationInitializer”, セクション 5.1.3: “AbstractSecurityWebApplicationInitializer と Spring MVC”, PersistentTokenBasedRememberMeServices (Javadoc), http://localhost:8080/login/oauth2/code/google, キャッシュ制御 (静的リソースのキャッシュを許可するために、アプリケーションによって後でオーバーライドできます), アプリケーションのすべての URL に対して springSecurityFilterChain フィルターを自動的に登録する, `MyCustomDsl` の configure メソッドのコードが呼び出されます. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); また、リクエスト毎に、CSRFトークンの値を変更するようなフィルタの内容は以下の通り。, さらに、Spring Securityの設定を行うクラスの内容は以下の通りで、configure(HttpSecurity http)メソッド内に、CSRFトークンをリクエスト毎に更新する処理を追加している。また、configure(WebSecurity web)メソッド内に、CSSファイルを読み込む際はSpring Securityのフィルタを通過しないように修正している。, なお、Spring Securityのフィルタの内容は、以下のサイトを参照のこと。 の Spring Framework に Java 構成 (英語) の一般的なサポートが追加されました。Spring Security 3.2 以降、XML を使用せずに Spring Security を簡単に構成できる Spring Security Java 構成サポートが提供されています。, 第 6 章 : セキュリティ名前空間の構成に精通している場合は、第 6 章 : セキュリティ名前空間の構成と Security Java Configuration サポートの間にかなりの類似点があります。, Spring Security は、Spring Security Java 構成の使用箇所を示す多くのサンプルアプリケーション: GitHub (英語) を提供します。, 最初のステップは、Spring Security Java 構成を作成することです。この構成により、アプリケーション内のすべてのセキュリティ(アプリケーション URL の保護、送信されたユーザー名とパスワードの検証、ログインフォームへのリダイレクトなど)を担当する springSecurityFilterChain と呼ばれるサーブレットフィルターが作成されます。以下に、Spring Security Java 構成の最も基本的な例を示します。, この構成にはそれほど多くはありませんが、多くのことを行います。以下の機能の概要を参照してください。, 次のステップは、springSecurityFilterChain を war に登録することです。これは、Servlet 3.0+ 環境の Spring の WebApplicationInitializer サポート (英語) を使用した Java 構成で実行できます。当然のことながら、Spring Security は、springSecurityFilterChain が確実に登録されるようにする基本クラス AbstractSecurityWebApplicationInitializer を提供します。AbstractSecurityWebApplicationInitializer を使用する方法は、すでに Spring を使用しているか、Spring Security がアプリケーションの唯一の Spring コンポーネントであるかによって異なります。, Spring または Spring MVC を使用していない場合、WebSecurityConfig をスーパークラスに渡して、構成が確実に選択されるようにする必要があります。以下の例を参照してください。, SecurityWebApplicationInitializer は次のことを行います。, アプリケーションの別の場所で Spring を使用していた場合、おそらく Spring 構成をロードしている WebApplicationInitializer がすでに存在していました。前の構成を使用すると、エラーが発生します。代わりに、Spring Security を既存の ApplicationContext に登録する必要があります。例:Spring MVC を使用している場合、SecurityWebApplicationInitializer は次のようになります。, これは、アプリケーション内のすべての URL に対して springSecurityFilterChain フィルターを登録するだけです。その後、WebSecurityConfig が既存の ApplicationInitializer にロードされたことを確認します。例:Spring MVC を使用している場合、getRootConfigClasses() に追加されます, これまでのところ、WebSecurityConfig にはユーザーの認証方法に関する情報のみが含まれています。Spring Security は、すべてのユーザーに認証を要求することをどのように知っていますか? Spring Security は、フォームベースの認証をサポートすることをどのように知っていますか?これは、WebSecurityConfigurerAdapter が configure(HttpSecurity http) メソッドでデフォルト構成を提供するためです。, XML タグを閉じることと同等の Java 構成は、and() メソッドを使用して表現され、親の構成を続行できます。コードを読む場合、それも理にかなっています。承認済みのリクエストを構成し、フォームログインを構成し、HTTP 基本認証を構成します。, ただし、Java 構成にはさまざまなデフォルトの URL とパラメーターがあります。カスタムログインページを作成するときは、このことに留意してください。その結果、URL はより RESTful になります。さらに、情報漏えい (英語) の防止に役立つ Spring Security を使用していることはそれほど明白ではありません。例:, HTML ファイルや JSP については何もメンションしていないため、ログインを求められたときにログインフォームがどこから来たのか疑問に思うかもしれません。Spring Security のデフォルト設定はログインページの URL を明示的に設定しないため、Spring Security は有効な機能に基づいて自動的に生成し、送信されたログインを処理する URL の標準値を使用して、ユーザーが送信されるデフォルトのターゲット URL ログイン後など。, 自動生成されたログインページはすぐに起動して実行するのに便利ですが、ほとんどのアプリケーションは独自のログインページを提供する必要があります。そのためには、以下に示すように構成を更新できます。, ログインページへのアクセスをすべてのユーザー(認証されていないユーザー)に許可する必要があります。formLogin().permitAll() メソッドを使用すると、フォームベースのログインに関連付けられたすべての URL のすべてのユーザーにアクセスを許可できます。, 以下のログインページは、現在の構成を表しています。デフォルトの一部がニーズを満たさない場合、構成を簡単に更新できます。, クエリパラメーター logout が存在する場合、ユーザーは正常にログアウトされました, ユーザー名は、username という名前の HTTP パラメーターとして存在する必要があります, パスワードは、password という名前の HTTP パラメーターとして存在する必要があります, セクション 19.4.3: “CSRF トークンを含める ” が必要です詳細については、リファレンスの第 19 章 : クロスサイトリクエストフォージェリ (CSRF) セクションを参照してください, この例では、ユーザーの認証のみが必要であり、アプリケーションのすべての URL で認証されています。http.authorizeRequests() メソッドに複数の子を追加することにより、URL のカスタム要件を指定できます。例:, http.authorizeRequests() メソッドには複数の子があり、各マッチャーは宣言された順に考慮されます。, すべてのユーザーがアクセスできる複数の URL パターンを指定しました。具体的には、URL が「/resources/」で始まる、「/signup」に等しい、または「/about」に等しい場合、どのユーザーもリクエストにアクセスできます。, 「/admin/」で始まる URL は、ロール「ROLE_ADMIN」を持つユーザーに制限されます。hasRole メソッドを呼び出しているため、「ROLE_」プレフィックスを指定する必要はありません。, 「/db/」で始まる URL では、ユーザーに「ROLE_ADMIN」と「ROLE_DBA」の両方が必要です。hasRole 式を使用しているため、「ROLE_」プレフィックスを指定する必要はありません。, WebSecurityConfigurerAdapter (Javadoc) を使用すると、ログアウト機能が自動的に適用されます。デフォルトでは、URL /logout にアクセスすると、次の方法でユーザーがログアウトされます。, ただし、ログイン機能の構成と同様に、ログアウト要件をさらにカスタマイズするためのさまざまなオプションもあります。, ログアウトのサポートを提供します。WebSecurityConfigurerAdapter を使用する場合、これは自動的に適用されます。, ログアウトをトリガーする URL(デフォルトは /logout)。CSRF 保護が有効になっている場合(デフォルト)、リクエストは POST である必要があります。詳細については、JavaDoc (Javadoc) を参照してください。, ログアウト後にリダイレクトする URL。デフォルトは /login?logout です。詳細については、JavaDoc (Javadoc) を参照してください。, カスタム LogoutSuccessHandler を指定してみましょう。これが指定されている場合、logoutSuccessUrl() は無視されます。詳細については、JavaDoc (Javadoc) を参照してください。, ログアウト時に HttpSession を無効にするかどうかを指定します。これはデフォルトで真です。カバーに SecurityContextLogoutHandler を構成します。詳細については、JavaDoc (Javadoc) を参照してください。, LogoutHandler を追加します。SecurityContextLogoutHandler は、デフォルトで最後の LogoutHandler として追加されます。, ログアウトの成功時に削除する Cookie の名前を指定できます。これは、CookieClearingLogoutHandler を明示的に追加するためのショートカットです。, もちろん、XML 名前空間表記を使用してログアウトを構成することもできます。詳細については、Spring Security XML 名前空間セクションのログアウト要素のドキュメントを参照してください。, 一般に、ログアウト機能をカスタマイズするために、LogoutHandler (Javadoc)  および / または LogoutSuccessHandler (Javadoc)  実装を追加できます。多くの一般的なシナリオでは、これらのハンドラーは、Fluent API を使用するときに隠れて適用されます。, 一般的に、LogoutHandler (Javadoc)  実装は、ログアウト処理に参加できるクラスを示します。これらは、必要なクリーンアップを実行するために呼び出されることが期待されています。そのため、例外をスローすべきではありません。さまざまな実装が提供されます。, 詳細については、セクション 18.4: “Remember-Me インターフェースと実装 ” を参照してください。, LogoutHandler 実装を直接提供する代わりに、流れるような API は、それぞれの LogoutHandler 実装をカバーするショートカットを提供します。例 : deleteCookies() では、ログアウト成功時に削除される 1 つ以上の Cookie の名前を指定できます。これは、CookieClearingLogoutHandler の追加と比較したショートカットです。, LogoutSuccessHandler は、LogoutFilter によるログアウトの成功後に呼び出され、たとえば適切な宛先へのリダイレクトまたは転送。インターフェースは LogoutHandler とほぼ同じですが、例外が発生する可能性があることに注意してください。, 上記のように、SimpleUrlLogoutSuccessHandler を直接指定する必要はありません。代わりに、流れるような API は logoutSuccessUrl() を設定することによりショートカットを提供します。これにより、SimpleUrlLogoutSuccessHandler がカバーにセットアップされます。指定された URL は、ログアウトが発生した後にリダイレクトされます。デフォルトは /login?logout です。, HttpStatusReturningLogoutSuccessHandler は、REST API タイプのシナリオで興味深い場合があります。ログアウトが成功したときに URL にリダイレクトする代わりに、この LogoutSuccessHandler では、返されるプレーン HTTP ステータスコードを提供できます。設定されていない場合、デフォルトでステータスコード 200 が返されます。, Spring Security の WebFlux サポートは WebFilter に依存しており、Spring WebFlux および Spring WebFlux.Fn でも同様に機能します。以下のコードを示すサンプルアプリケーションをいくつか見つけることができます。, この構成は、フォームと http の基本認証を提供し、ページへのアクセスに認証されたユーザーを要求する認可を設定し、デフォルトのログインページとデフォルトのログアウトページを設定し、セキュリティ関連の HTTP ヘッダー、CSRF 保護などを設定します。, 最小の WebFlux セキュリティ構成の明示的なバージョンを以下で見つけることができます。, この構成は、最小構成と同じことをすべて明示的にセットアップします。ここから、デフォルトを簡単に変更できます。, OAuth 2.0 ログイン機能は、OAuth 2.0 プロバイダー(例:GitHub)または OpenID Connect 1.0 プロバイダー(Google など)の既存のアカウントを使用してユーザーにアプリケーションにログインさせる機能をアプリケーションに提供します。OAuth 2.0 Login は、「Google でログイン」または「GitHub でログイン」というユースケースを実装しています。, OZZ 2.0 Login は、OAuth 2.0 認証フレームワーク (英語) および OpenID Connect コア 1.0 (英語) で指定されている認証コード付与を使用して実装されます。, Spring Boot 2.0 は、OAuth 2.0 ログインの完全な自動構成機能を提供します。, このセクションでは、Google を認証プロバイダーとして使用して OAuth 2.0 ログインサンプルを構成する方法を示し、次のトピックを扱います。, ログインに Google の OAuth 2.0 認証システムを使用するには、Google API Console でプロジェクトを設定して OAuth 2.0 認証情報を取得する必要があります。, 認証用の Google の OAuth 2.0 の実装 (英語) は OpenID Connect 1.0 (英語) 仕様に準拠しており、OpenID 認定 (英語) です。, 「OAuth 2.0 のセットアップ」セクションから始まる OpenID Connect (英語) ページの指示に従ってください。, 「OAuth 2.0 資格情報の取得」の手順を完了すると、クライアント ID とクライアントシークレットで構成される資格情報を持つ新しい OAuth クライアントが必要になります。, リダイレクト URI は、エンドユーザーのユーザーエージェントが Google で認証され、同意ページで OAuth クライアント( 前の手順で作成された) へのアクセスを許可した後にリダイレクトされるアプリケーション内のパスです。, 「リダイレクト URI の設定」サブセクションで、承認されたリダイレクト URI フィールドが http://localhost:8080/login/oauth2/code/google に設定されていることを確認します。, デフォルトのリダイレクト URI テンプレートは {baseUrl}/login/oauth2/code/{registrationId} です。registrationId は ClientRegistration の一意の識別子です。, Google で新しい OAuth クライアントを作成したため、認証フローに OAuth クライアントを使用するようにアプリケーションを構成する必要があります。そうするには:, spring.security.oauth2.client.registration は、OAuth クライアントプロパティの基本プロパティプレフィックスです。, ベースプロパティプレフィックスの後には、google などの ClientRegistration の ID が続きます。, Spring Boot 2.0 サンプルを起動し、http://localhost:8080 に移動します。次に、Google へのリンクを表示するデフォルトの自動生成されたログインページにリダイレクトされます。, Google リンクをクリックすると、認証のために Google にリダイレクトされます。, Google アカウントの認証情報で認証した後、表示される次のページは同意画面です。同意画面では、以前に作成した OAuth クライアントへのアクセスを認可または拒否するように求められます。許可するをクリックして、OAuth クライアントがメールアドレスと基本的なプロファイル情報にアクセスすることを認可します。, この時点で、OAuth クライアントは UserInfo エンドポイント (英語) からメールアドレスと基本プロファイル情報を取得し、認証済みセッションを確立します。, ClientRegistration は、OAuth 2.0 または OpenID Connect 1.0 プロバイダーに登録されたクライアントの表現です。, クライアント登録には、クライアント ID、クライアントシークレット、認可付与タイプ、リダイレクト URI、スコープ、認可 URI、トークン URI、その他の詳細などの情報が保持されます。, ClientRegistration とそのプロパティは次のように定義されています。, registrationId: ClientRegistration を一意に識別する ID。, clientAuthenticationMethod: プロバイダーでクライアントを認証するために使用される方法。サポートされている値は basic および post です。, authorizationGrantType: OAuth 2.0 認可フレームワークは、4 つの認可付与 (英語) タイプを定義します。サポートされている値は authorization_code および implicit です。, redirectUriTemplate: エンドユーザーがクライアントへのアクセスを認証および認可した後に、認可サーバーがエンドユーザーのユーザーエージェントをリダイレクトするクライアントの登録済みリダイレクト URI。デフォルトのリダイレクト URI テンプレートは {baseUrl}/login/oauth2/code/{registrationId} で、URI テンプレート変数をサポートしています。, scopes: 認可リクエストフロー中にクライアントがリクエストしたスコープ(openid、メール、プロファイルなど)。, clientName: クライアントに使用される説明的な名前。この名前は、自動生成されたログインページにクライアントの名前を表示するときなど、特定のシナリオで使用される場合があります。, jwkSetUri: 認可サーバーから JSON Web キー (JWK) (英語) セットを取得するために使用される URI。ID トークンの JSON Web 署名 (JWS) (英語) およびオプションで UserInfo レスポンスを検証するために使用される暗号化キーが含まれます。, (userInfoEndpoint)uri: 認証されたエンドユーザーのクレーム / 属性にアクセスするために使用される UserInfo エンドポイント URI。, userNameAttributeName: エンドユーザーの名前または識別子を参照する UserInfo レスポンスで返される属性の名前。, 次の表に、Spring Boot 2.0 OAuth クライアントプロパティの ClientRegistration プロパティへのマッピングの概要を示します。, spring.security.oauth2.client.registration.

インテリア 展示会 大阪 5, マスク 耳 クッション 7, 職場 気になる女性 既婚 5, 駿台 高校部 フロンティア 違い 13, アンプ バリバリ ノイズ 原因 9, 早稲田政経 解答速報 2020 5, 脈なし 男 落とす 19, マイクラ スイッチ サーバー 入れない 21, 犬 おしりの匂いを嗅ぐ しつこい 10, ドラクエ10 賢者 転職 7, Gsuite Youtube 限定公開 7, 中学理科 単元 一覧 4, わかめ 摂取量 目安 53, Powershell 標準出力 表示 しない 15, 電気 つけたまま寝る 疲れ 9, サクラエディタ Grep Xlsx できない 6, 桜蔭 中学 2020 14, ジョグ ロンホイ 取り付け 14, Osm Map Of Japan For Garmin Devices 4, うさぎ うっ滞 バナナ 22, Fcitx Keyboard In Kan Kagapa Already Exists 4, 車検 全長 3cm 15, ジャパネット スマホ デメリット 26, ポケモンgo Lte ログイン できない 7, 青学 立教 法学部 4, 第五人格 コラボ 衣装 5, ブレスレット ずっと つける 5, Xperia Root化 2020 23, Steam Ps2コントローラー 設定 6, 愛知県 全県模試 信頼 度 4, Uipath Excel チェックボックス 6, 提出期限 忘れて た 4, 炭酸ガス 取扱 資格 4, 工事 紹介料 契約書 18, F 01j 虹彩認証 デバイス 温度 上昇 15, ドラクエ10 ぬすむ 宝珠 11, アマゾン 熱帯雨林 セルバ 14, 別れ 短歌 現代 13, Android Font Family 5, ヤクルト 石川 凄さ 9, Utau 隠し 機能 17, 新幹線 キセル ばれる 24, 韓国 芸能人 と付き合う方法 7, レジン 球体 コツ 4, 東京ガス 導管図 凡例 4, エクセル 方眼紙 殺す 4, Beauti Topping 偽物 21, Vba 時間計測 クラス 4, 二重 奥二重 違い 8, 犬 目薬 ロメワン 6, エクセル マクロボタン 時刻 4, Nfc ペア リング 4, ドラクエ10 パラディン 立ち回り 6, 雨 靴濡れない 歩き方 7, ベタ 専門店 愛知 10, パワプロ ペナント 留学 おすすめ 6, Twitter 鍵垢 乗っ取り 6, ガーミン 500 初期化 9, コンプレッサー サブタンク 作り方 23, 群馬 猫 公園 4, ヒロアカ 251話 感想 7, Pubgモバイル シーズン12 いつまで 4, Ps3 Psボタン 代用 4, Videoproc License Key 43, 玄米 消化 時間 5, アンオーディナリー ジョン 能力 38, レガシィ Bp5 At Oil Temp 9, Twitter Dm 炎 意味 21, Php Pdo Select Max 8, Arcsoft Mediaimpression 使い方 7, コピー機 両面印刷 キャノン 5, ヤクルト 石川 凄さ 9, チャンネル設定 Nhk バレる 5, Web 内覧 会 防犯 4, Vba Format 0埋め 8, Iphone11 Pro 充電器 純正 4,

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *